営業女子の秘密の戦略会議

トップセールスになるための秘密の営業戦略をこっそり発信していきます☆

営業にキャラ設定は必要か?

こんにちは。一ノ瀬みちです。

営業のイメージって勝手に「元気、陽キャ、ポジティブ、プラス思考、明るい、社交的、友達が多い」ような人が向いているんじゃないかって思うことありませんか?それに比べて本当の自分は「根暗だし、陰キャだし、、、そしてネガティブでマイナス思考だし・・・」でも、営業という仕事をしている以上、頑張らなきゃいけなくて、本当の自分はそうではないけど、営業っぽいキャラを取り繕わなきゃいけないんじゃないかって思っている方はいませんか?そして既に無理にキャラ設定している方、いませんか?

今回はキャラ設定が必要かどうかについてと、私がそう考える理由をお伝えします。

 

結論、大丈夫です!!無理に本当の自分とは全然違うキャラ設定をする必要なんて全くないです!!変に本当の自分を偽って別の自分を取り繕うことはありません!!

 

何故そう考えるか理由は3つあります。

 

①自分に無理をさせちゃいけない

営業活動を続けていく上で自分を大事にすることは本当に必要不可欠。営業に限らずですが、無理を続けているとどこかで爆発してしまいます。続けていけなくなってしまうんです。なので、自分に無理をさせることは絶対NGです。また、自分を大事に出来ない人は他人も大事にできません。お客様・お取引先様のことを大事に思えない人は残念ながら選ばれません。まずは自分を大事にしてあげましょう。選ばれる営業担当者になるためにも。

 

 

②一貫性を持たせられなくなり、信用を失くす恐れもある

完璧なキャラ設定を貫けるのであればまだしも、やはり人間完璧ではないので、どこかで綻びがでます。キャラ設定に綻びが出ると一貫性が保てなくなり、「あの人は本当は何を考えているのだろう」「あの人は本当はどういう人なのかよくわからない」と信用されなくなる恐れもでてきます。無理して変なキャラ設定をするぐらいであれば、自分のままで誠実に対応していた方がよっぽど信用されます。信用されることが営業では重要なので、誠実な対応に重きをおきましょう。

 

③お客様は「キャラではなく、どれだけ自分のことを考えくれているか」で営業担当者を選ぶ

お客様・お取引先様は、陽キャな○○さんだから、○○さんを選んで契約するのではありません。どれだけ自分のことを考えてくれているかを見ています。なので、素晴らしくて完璧な営業担当者である必要もないのです。自分が売る商品について自分はプロなのだから完璧に理解していなければならないって思うことありますよね。もちろんプロ意識として何でも理解しようとする姿勢は持っておくべきなのですが、自分が売る商品について、わからないことを質問されたら、その場では素直に「確認します」と言って調べた後に回答することで問題ないと思います。変に完璧な営業担当者を取り繕う必要もないのです。

それよりも、お客様・お取引先様のことを考えましょう。完璧な答えを用意する必要もないです。一緒に一生懸命悩むのです。その姿勢が重要だと思います。

 

ここまで変にキャラ設定する必要はないと言ってきましたが、だからといって、根暗な人は根暗なままで良いということではありません。

こちらでも書いたのですが、やっぱりお客様・お取引先様と相対して、明るく・元気にいるということは必須なことだと思います。これはキャラ設定ではなく、姿勢の問題。そして、何よりも「相手への思いやり」を表現することなのです。

eigyowomanstrategy.com

だって暗い顔で、笑顔もなく挨拶されても誰も良い気持ちはしないですよね?

相手に気持ち良く思ってもらうためにどうしたら良いかを考えて行動しましょう!!

私自体がすごく人見知りで、社交的なタイプでもなく、どちらかというと陰キャな方です。

なので、自然体で社交的で陽キャな人を見ては羨ましいと思っていました。そういう人の方が営業には向いているんだろうなと遠い目をしていたこともありました。ですが、私は私のまま、変に取り繕うのではなく、自分として精一杯な対応をするということを積み重ねていって、お客様・お取引先様もお陰様で沢山増えましたし、営業でNO.1を獲ることもできました。

なので、そんな私にも出来たので、あなたはあなたのままで、誠心誠意の対応を積み重ねていけば大丈夫です☆

 

無料相談会をはじめました。営業に関する悩みやご相談があれば、気軽にお問い合わせください。お申し込みはこちらから☆

eigyowomanstrategy.com