営業女子の秘密の戦略会議

トップセールスになるための秘密の営業戦略をこっそり発信していきます☆

NO.1になるための営業戦略~数字を出すイメージを掴む方法☆初心者編☆~

こんにちは。一ノ瀬みちです。

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

営業職をされている方はノルマもしくは目標等々どんな形であれ、数字と向き合わなければならないと思います。

 

始めはその抱える数字が大きく見えて、こんな数字達成できるのだろうか・・・と不安におし潰されそうになるばかり。でも周りを見渡すとライバルたちは、そんな不安そうに見えない。むしろ平然としているように見えてします。私だけがこんなに不安なのかな。そんな思いになった経験はないでしょうか。私は実際にこのような思いを抱えていました。

でも色々と試行錯誤をしながら、「あ、こうやればこういう結果に繋がるんだ!」と分かってきて、目標の数字も達成できるようになってきました。サクッと数字を出してしまえるようになってしまえば、もうこっちのものです☆今はもっと大きな数字にチャレンジしようという気持ちで日々奮闘中です。

 

さて、どうやれば数字を出せるようになるのか、営業職始めたばかりの初心者の方やまだ数字を出すイメージがわかない方に向けての始めの一歩の戦略をお届け出来ればと思います。

 

私が取る戦略としては次の4つです。今までこれらを全て実践しました。

数字を出すにはどうしたら良いのかイメージを掴むことが大切です。

①社内の業績情報・データを確認して、数字が出ている取引先様の共通点を見つける

社内の営業職の方が日々挙げている数字を確認して、どのようなお客様・お取引先様が業績に繋がっているのか、客観的データから共通点を確認します。

金融機関でも実践していましたし、転職先の会社でも実践しています。

 

②素直に社内で業績No.1の数字をたたき出している方にやり方を聴いてみる

①の詳細データが社内で共有されておらず、情報を確認することができないという場合もあるかと思います。そうであったとしても、営業成績No.1の実績を作られている方はどなたかというのは、社内で共有されているのではないでしょうか。まず、No.1の方に話を聴きに行くのが、一番の近道です☆私もこれを実績しましたが、最初は中々恥ずかしいのと、こんなこと聴いたら悪いかなとか、そもそも私に時間を作ってもらえるのかなとか、色々考えすぎて、話を聴きに行くまでに1年半もかかってしまいました。今から思えば、さっさと聴きにいってしまえば良かったのですが。その方には本当に色々と教えていただき、その方の話をお伺いしてから、私の業績は爆伸びしました。なので、悩まれているのであれば、さっさとNo.1の方にやり方を聴いてしまいましょう!!

 

③競合他社の営業担当者やお取引先様から情報を収集してみる

代理店営業をしていたときに、実際に担当の代理店様に、他で業績を挙げている代理店様の競合他社様の情報を聴いておりました。また、同じ代理店様を担当する他社の営業の方にも、業績を挙げている代理店の情報を聴いておりました。ただ、いずれにしても、この手法は情報収集する相手との信頼関係を構築してから聴いておりましたので、ここは注意が必要です。信頼関係の構築ができていない中でこのようなことを聴いてしまうのは、聴き方や場合によっては失礼と捉えられてしまうからです。

 

④結果が出るまで自分で動きまくって、アタックしまくって、結果が出た(数字が伸びた)後で理由を見つける

考えていても結果は変わらないので、とにかくアタックしまくってみるという方法です。これが実は手っ取り早いのかもしれません。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるというとおり、アタックを続けていれば必ず結果がでます。小さくともまずは数字を出すことがとても重要なことだと思います。まずは頭で考えるより動いてみるということです。

 

この4つの方法を試していただければ、数字を出すイメージを掴むところには辿り着くかと思います。是非ともお試しください☆