営業女子の秘密の戦略会議

トップセールスになるための秘密の営業戦略をこっそり発信していきます☆

期待していた大口契約がポシャってしまったら・・・

こんにちは。一ノ瀬みちです。

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

日々頑張っている営業女子の皆様、5月の数字は達成できましたか?6月の数字は達成できそうですか?予算・目標・ノルマ等々営業には数字がつきもので、営業女子の皆様はその数字を追いかけているかと思います。

もちろん達成に向けて日々活動するのですが、今回は数字が達成できなかったときの理由にフォーカスして、数字の追いかけ方をお伝え出来ればと思います。

稀に、数字未達の理由として、「追いかけていた大口契約が延びてしまったorダメになってしまった」ということを言われる方がいます。未達の理由としてこのようなことを言われている方いませんか?その理由、めちゃくちゃ危険!!というお話です。

 

営業活動を続けていると、懇意になるお客様・取引先様が現れてくるかと思います。応援してくださるお客様・お取引先様もいらっしゃると思います。自分が提案すると、いつも契約してくださる方もいらっしゃると思います。中には大きな数字になる契約をしてくださる方もいらっしゃると思います。

 

ですが、そのようなお客様・お取引先様だけに数字を頼るのは、絶対にNGです。

 

その方にだけ頼ると、お互いに疲弊してしまいます。いつも頼られる方は、段々とそれが重荷になってきます。また、自分自身も「この契約がダメになったら、自分の数字が達成できない」というかなりプレッシャーのかかった状況で、営業することになり、その焦りがお客様・お取引先様へ伝わって、結果うまくいかなくなることが往々にしてあります。

結果、最悪のケース、そのお客様・お取引先様と関係が終わってしまう恐れもあります。

相手にも負担をかけず、そして、自分自身にもプレッシャーのかからない状況で営業活動をしていくことが、重要です。そう心掛けることで、応援していただくお客様・お取引先様も自然と増えていくと私は思います。

NO.1は相手のことも、自分自身のことも思いやれる人なんです!!

 

そしてそもそも、限られた見込みの数で勝負すること自体がNGだと私は思っています。

「たとえこの契約が延びてしまってもまだまだ見込みがあるから大丈夫☆」と心に余裕がある状況で営業活動を続けて、数字を積み上げていくことが重要だと思います。

限られた数しか見込みを作らないことは、自分自身への甘えです!!

 

見込みの数自体を増やして、コツコツと数字を積み上げていきましょう!!

そして、予算・目標・ノルマを達成していきましょう☆☆

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村