営業女子の秘密の戦略会議

トップセールスになるための秘密の営業戦略をこっそり発信していきます☆

選ばれる営業女子になるための戦略~コミュニケーション編③~

こんにちは。一ノ瀬みちです。

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

普段営業活動で色々な方にお会いする中で、苦手だな、相性が合わないなと感じるお客様・取引先様はいらっしゃいませんか。

皆様はそのような方への対応をどのようにされていますか。

私にももちろん苦手と感じる方はいらっしゃいます。やっぱり人間ですもの。

 

私としては、その方との対応が、自分の心を苦しくしているほどまで達しているのであれば、こちらからの積極的な対応は控えて良いと思っております。

もちろん仕事としての対応は行っていきます。お問い合わせがあったら、もちろんお答えします。ただし、それ以上にこちらからの積極的なアプローチはしなくても良いものと思います。

 

営業活動をしていると、「こちらが選ばれる立場」であると考え、必要以上に低姿勢になったり、へりくだったりしていることはないですか?

以前の私は、そうでした。お金をいただくのだから、お客様・取引先様が神様というような感覚です。

 

確かに、お客様・取引先様からお金をいただきます。そのお金というのは、お客様・取引先様に提供する商品・サービスの対価です。そして、その商品・サービスはお客様・取引先様の何かの課題解決に繋がっているはずです。何の見返りもない寄付ではありません。ビジネスで取引するということに、どちらが上、どちらが下ということはなく、双方が対等な関係であると私は思っております。つまり、私たち営業マン、営業ウーマンは選ばれる立場でもありますが、お客様・取引先様も選ばれる方なのです。

 

以前の私はこのような考えではなく、「自分が選ばれる立場」ということを意識するがあまり、相手からどのような対応をされても、自分は丁寧に対応しようとしていました。ただ、そのせいで心が苦しくなることもありました。それでも仕方ないと思っていました。

あるとき、常に理不尽なことを言われる担当のお取引先様がいらっしゃって、その方とのやり取りが自分の中で本当にストレスになりました。果たしてこの方と無理してまで、関係を続けるべきなのだろうかと悩みました。悩んだ末に、ストレスを抱えてまで対応するくらいなら、他のお取引先様との関係を強化していこうと割り切り、その方への積極的なアプローチを控えるようにしました。その結果、ストレスを溜めることなく、営業活動により一層集中できるようになり、営業成績も更に上がっていきました

 

以降、自分にとってどのような方とのやり取りがストレスになるのかを言語化して、それに該当する方とのお取引を控えております。

私の場合は次のとおり。こちらに該当する方とは、原則としてお取引をお断りさせていただいております。これは私だけでなく双方のためと思っております。

・時間を守らない(小さな約束が守られない)

・あまりにも理不尽なことを言われる

・不平不満が多い

・身だしなみを整えられていない(会社が汚い)

 

もし、心が苦しいという思いをしながらも、仕事だからと思って関係を続けているお客様・取引先様がいらっしゃるのであれば、その方との関係性を見直しましょう。そして何が自分にとってのストレスになるのかを書き出してみてください。

自分の心の声をきちんと聴いて、大切にしてあげてください。